認知症対策(成年被後見人になると)

不動産処分や管理

不動産を処分する予定でいたとしても、認知症になってしまってからではできません。管理の上でも支障が出る。

 

家族に対する支援

成年被後見人になってしまった場合、今まではできた家族への支援や貸付け等も勝手にはできなくなる。

 

本人の意思が尊重されない

成年後見が始まると、基本、本人の財産は本人のためにしか使えない。


不自由になる

●成年被後見人になると、本人の保護のためではありますが、資産活用の面では大変不自由になります。

●信託では、そのようなときでも契約内容を実現できます。

成年後見は家族のための制度ではない

●財産を家族のために使用しようとしても原則認められない。●信託では、高齢の配偶者や家族のために予め計画しておくことができる。