任意売却

住宅ローンの支払いに困ったら

長期に亘る不況から、住宅ローンの返済にお困りに方が増えています。
お金に関する悩みはひと時も頭を離れることなく、事態は刻一刻と悪くなり、さらに悩みを増大させます。
金融機関等からの督促や、それに伴う悩みによって、

「仕事に集中できない。」

「ひと時も落ち着かない。」

「一番大事な家族とでさえ、うまく話し合うことができない。」

といった深刻な悩みを抱える方が増えているようです。

 

不動産に関する相談は、人生においての一大事です。
また不動産会社に相談するのも勇気がいる、と思います。
そこで、お好きな時間に弊社とアポイントを取る事ができますよう、任意売却相談窓口を開設致しました。

簡単な概略のみ教えていただき、お客様のご都合の良い
時間を指定するだけ。ご相談は全て無料です。
あとは弊社担当者からのご連絡をお待ち下さい。
何も御心配はいりませんし、相談を中止するのもご自由です。守秘義務はもちろん厳守しております。
悩んでいる時間がもったいないです。

今よりは改善するはずです。
是非ご利用下さい。

 

マイホームにしがみつかず自由に

住宅ローンの滞納が一定の回数進みますと、その住宅ローンは事故扱いとなります。そうすると期限の利益を失うことにより、本来であれば分割返済で良かったローンが、一括返済を要求されることになります。

でも一括で返済できれば誰も苦労はありません。

結局は抵当権に基づいて不動産を差し押さえ、その後競売となるわけですが、その競売前に債権者の承諾を得て、マイホームを売却することができます。

マイホームを売却することによって、そのお金で債務を削減し、支払い可能な金額で残った債務を返済してゆけば良いのです。

任意売却を利用するメリット

他人から見た場合、通常の売買と変わりません。

競売になると住所などが公表されるため、住宅地図の入った無断チラシの配布や、業者からの一方的な連絡、訪問が後を絶ちません。

その結果、ご近所さんには競売になる事がわかってしまいます。

任意売却の方法であれば、債権者の承諾を要する事以外は通常の売買と変わりません。

つまり、周りの目を気にしなくて済みますので、心にゆとりが生まれるのです。

競売価格より高く売却できる

競売であれ任意売却の方法であれ、住宅ローンの残債(残額)の方が売買価格より多い場合(このケースが大半です。)は当然住宅ローンの未返済分が残ります。

従って、競売より高く売却できれば住宅ローンの未返済分も少なくなるわけです。そして、金融機関と合意した無理のない返済額(例えば1~3万円)を返済してゆけば良いのです。

引越し時期を相談できる

任意売却の方法で売却をすると、引越しの時期を多少長めにすることも可能です。

(売却金額は住宅ローンの残債に充てるわけですから、早く引渡しをして早く返済に充てた方が良いのはもちろんですが。)

競売でもある程度の期間はあるものの、買受人に急かされることは否定できません。

この点においても、土俵際まで追い込まれてからの競売に対し、前もって交渉し、準備を進める任意売却の方法は、心のゆとりにつながります。

売却に関する費用は?

売買契約に要する仲介手数料や登記費用、マンションの滞納している管理費等は、債権者に返済する売却代金から控除して充当しますので、依頼者(あなた)が別途現金を用意する必要はありません。

 

任意売却における手続きの流れ→